【副業・兼業】令和2年9月から労災保険給付の改正【新請求書等OCRダウンロード】

働き方改革の一環として、副業や兼業が推進されていますが労災保険においては、それぞれの勤務先の賃金にて保険給付が行われること、それぞれの勤務先の負荷(労働時間やストレス等)を個別に評価して労災認定が出来るかどうか判断することが問題になっていましたが9月からは下記のように改正となります。

1.賃金額を合算して保険給付額等を決定

【現行】
災害が発生した勤務先の賃金のみを基礎に給付額等を決定

【改正後】
すべての勤務先の賃金額を合算した額を基礎に給付額等を決定

※対象となる給付は、休業(補償)給付、遺族(補償)給付や障害(補償)給付などです。

 

2.負荷(労働時間やストレス等)を総合的に評価

【現行】
それぞれの勤務先ごとに負荷(労働時間やストレス等)を個別に評価して労災認定できるかどうかを判断

【改正後】
それぞれの勤務先ごとに負荷(労働時間やストレス等)を個別に評価して労災認定できない場合は、すべての勤務先の負荷(労働時間やストレス等)を総合的に評価して労災認定できるかどうかを判断

 

3.請求書等のダウンロード

上記、改正に対応して、請求書等のダウンロード用(OCR)様式が新しくなり、厚生労働省のホームページに公開されています。
例えば、5号様式であれば、「その他就業先の有無」欄等が追加されています。
ダウンロードされる際は、OCRにて読み取るため、注意事項もお読みください。

◆労災保険給付関係請求書等ダウンロード(OCR)様式
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken06/03.html

 

◆複数の会社等に雇用されている労働者の方々への労災保険給付が変わります(リーフレット)
https://finexus.jp/wp-content/uploads/2020/09/rousaikyufugakugassan.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP