要点チェック!労働法・社会保険改正等まとめ読み(9/4~9/10)

今週も一週間の労働法、社会保険の法改正、トピックスをまとめます。

要点を押さえたい方、時間のない方、一週間分一気に読みたい方など是非ご覧ください。

 

パワハラ防止法の自主点検票

改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が2021年6月から大企業に2022年4月から中小企業には義務付けられます。

東京労働局では下記のホームページでパワハラ防止対策として、自主点検票や自主点検動画を公開しています。
周知・啓発、トップメッセージ例、自習用テキスト、就業規則の記載例、相談窓口の設置の仕方、相談の具体的な対応例、再発防止措置、プライバシーの保護など総合的に解説していますので、確認されることをおすすめします。

◆パワハラ防止対策(改正労推法) 自主点検
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/kyoku_oshirase/_120743/jisyutennkenn.html

 

テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドラインパンフレット

「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」が2021年の3月に発出されていましたが、今回、パンフレットが公表されました。
「中抜け」の例が図示されてたりし、わかりやすくまとまっています。

◆テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shigoto/guideline.html

◆テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドラインパンフレット
https://www.mhlw.go.jp/content/000828987.pdf

 

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象期間等の延長及び緊急事態宣言の発令等に伴う地域特例のお知らせ

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について、申請対象期間及び申請期限が延長となりました。

◆新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象期間等の延長及び緊急事態宣言の発令等に伴う地域特例のお知らせ
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000811767.pdf

 

 

今週は以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログでも書きましたが10月から健康保険証について、下記のように変わります。

・マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになる
・健康保険証を会社ではなく、被保険者本人に郵送できるようになる

大局的にはマイナンバーカードを健康保険証として利用者が増えれば、
郵送する必要もなくなります。

資格取得届に上記の項目について、記載事項が加わり、帳票の変更があるかどうか・・・
もし、被保険者証を会社に送るか、本人に送るか、のチェック項目なんてあったら、
本人に送るケースが増え、手間も費用も大幅に増えそうな気がします。
必要に応じて、備考欄に記載する、という対応になるか、気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP