要点チェック!労働法・社会保険改正等まとめ読み(8/14~8/20)

今週も一週間の労働法、社会保険の法改正、トピックスをまとめます。

要点を押さえたい方、時間のない方、一週間分一気に読みたい方など是非ご覧ください。

 

健康保険組合向け電子申請ソフトの対応状況について

5月に続いて、健康保険組合向け電子申請ソフトの対応状況が公表されています。
(8月13日版)

◆健康保険組合向け電子申請ソフトの対応状況について
https://www.mhlw.go.jp/content/000735946.pdf

 

長時間労働が疑われる事業場に対する令和2年度の監督指導結果を公表します

厚生労働省は、令和2年度に長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した、監督指導の結果を取りまとめましたので、監督指導事例と共に公表しました。この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働時間数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象としています。

◆長時間労働が疑われる事業場に対する令和2年度の監督指導結果を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20409.html

 

雇用調整助成金(10月以降の特例措置等と歩合給がある場合の算定方法の変更)

新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置については、今般、緊急事態措置区域として7府県が追加されるとともに、緊急事態措置を実施すべき期間が延長されたこと等を踏まえ、9月末までとしている現在の助成内容を11月末まで継続することとする予定です(別紙)。

◆10月以降の雇用調整助成金の特例措置等について(別紙)
https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/000819708.pdf

 

また、判定基礎期間の初日が令和3年9月1日以降の休業から歩合給がある場合の雇用調整助成金の助成額算定方法変わるため、リーフレットが公表されました。

◆歩合給がある場合の雇用調整助成金の助成額算定方法が令和3年9月1日以降の休業から変わります。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000821251.pdf

 

 

今週は以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

幼稚園の送り迎えの途中に家を建設中の工事現場があり、次男と毎日見ています。

朝は、昨日とどこが違うか、夕方は朝とどこが違うか探すゲームみたいになっています。

ミキサー車も絵本で見るより、本物を見るとどこがどう動くか、よくわかります。

迫力もあり、興奮していました。

完成まで何か月かかるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP